政府が沖縄県を提訴しました

昨日、政府が沖縄県を提訴しました。沖縄県の普天間基地を名護市の辺野古に移転させる件で、政府が提訴したのです。そもそも、この件は橋本龍太郎政権のときに普天間基地を移転させることでアメリカ政府と日本政府が合意した案件です。それから、約20年経過した現在においても、普天間基地の移転は進展していません。
この件については、政府は沖縄県の中央に陣取っている普天間基地を、1日も早く辺野古へ移転させたいと考えているのですが、沖縄県側はそもそも米軍が多く駐留しすぎているので沖縄県外へ移転しろと主張していますので、まったく話が噛み合いません。話が噛み合わないため、訴訟合戦となっているのだと思います。
私は、多くの米軍が沖縄県に駐留し続けるという事実は、今後も変わらないと思います。アジアの政治状況を考慮すれば、むしろ米軍が沖縄に駐留することは当然と言えます。北朝鮮と韓国の関係はいまでも休戦状態です。このため、北朝鮮軍が不意に韓国に侵攻しても、これは合法的な侵攻です。終戦協定はいまだに締結されていないからです。ですから、仮に朝鮮戦争が再び勃発すれば、これを鎮圧できるのは沖縄に駐留するアメリカ軍しかいません。
また、中国と台湾の関係も再び不穏になりつつあります。台湾では、中国統一に反対する民進党政権が発足しました。台湾解放を掲げる中国政府がこのまま黙っているとは思えません。しかも中国人民解放軍は、年々増強されていますので、いつ台湾侵攻に踏み出すかわかったものではありません。そして、南シナ海では中国は次々と海を埋め立てて軍事基地を建設しています。中国は、南シナ海を支配下に置こうとしています。
このようなアジアの軍事情勢のなかで、アメリカ軍が沖縄から撤退することは非現実的です。アメリカ軍が沖縄から撤退するならば、日本は北朝鮮や中国と対抗するために、単独で核武装する必要がありますが、アメリカは日本の核武装を許さないでしょう。アメリカは二度と日本を軍事大国にするつもりはありません。
ですから、アメリカ軍は沖縄から撤退するつもりはありませんし、現在の沖縄への駐留兵力を削減するつもりもありません。残念ながら、沖縄県民の皆様には忍耐を重ねていただくしか方法はないのだと思うのです。

ポケモンの新作アプリと、人々の行く先

日本でもいよいよポケモンの新作アプリが公開となった。

アプリ配信のリリースに関して、ここまでニュースで取り上げられるのは自分としては少し異例な感じである、

海外では日本に先駆けてのアプリ配信が解禁となったが、早くも話題が高騰し、

とある国では、ケガ人が出るほどのアクシデントも発生し、そんな中での日本のアプリリリースが、

先日から始まったのである。

海外では上記に挙げた様なアクシデントが発生したが、では日本ではどうなのだろうか?

かくいう日本で起こった事は、一部の若者が早朝からポケモンを捕まえに出掛けたり、

また自転車の交通に関するアクシデントだ。

早朝から何かを捕まえに行くというと、今の夏の暑い季節ならば尚更、カブト虫や、はたまたクワガタなどを連想するが、

現代の世界や、日本の人達にとっては、それはポケモンなのだ。

では、果たして一体何がそこまでこのアプリに人々を惹きつけるものがあるのだろうか。

ポケモンといえば元々長年続く、日本でも、海外でも人気携帯ハード系のゲームソフトコンテンツだが、

最近では他社によって制作された赤い猫のキャラクターが主役のゲームに、一歩譲る気配があったが、

ここで大逆転の兆しも見えそうではある。

ポケモンの新作アプリのゲームシステムは、現実世界の今自分がいる場所や、時間とリンクしている、

言い方を変えれば、普段肉眼で見える現実世界と、それに対してディスプレイ上から見る現実世界、

その延長上にポケモンという名の二次元情報が付加されて存在している拡張現実なのだ。

今や映像(二次元)と人(三次元)との距離感は限りなくゼロに近くなっている、

元々テレビや映画、デスクトップPCなどではある程度人(三次元)との距離感が存在していたのだが、

近年登場してきた、メガネやサングラスのように目に掛けて仮想現実を味わうタイプや、

このポケモンの新作アプリの登場により、その距離感は限りなくゼロに等しくなり、

いや、もっと言ってしまえば、人(三次元)が映像(二次元)の世界に没入してしまったり、

逆に二次元が三次元の世界に没入しているともいえるだろう。

いつしか感覚的な二次元と三次元の境目はなくなり、二次元的な仮想現実空間の方が、

現実的なリアリティーを感じる日が来るかもしれない。

ポケモンGoは、一体、我々をどこへ向かわせるのだろうか。

いつか事故が起こりそうで怖いです。

ここ最近、外国で話題になっていたポケモンGOのゲームが昨日から日本でも配信されたようで、テレビを観ていると常にそのニュースが話題となり、アナウンサーまでも使い方のようなものを視聴者に教えるような感じで報道していますが、これはどうかと思います。
アナウンサーはいわゆる「歩きスマホ」をしながら報道しているように見えます。そしてポケモンを見つけるとテレビだということを忘れたかのように楽しくしていますが、そういうのを見て、みなさんもそのゲームにはまっていき、外国のような事故が日本でも起こりうる可能性があると思います。
歩きスマホで携帯をいじると視野が狭くなり、周りも見えなくなるので、とても危険だと思います。もし、ポケモンGOに夢中になり、道路にでも出てしまったら車が悪くなくても車のほうが悪いことになります。
私自身、車を運転するので、そういうのにもし遭遇したとしてゲームしている人にケガをさせてしまったら、自分が悪くないのに加害者扱いされてしまうかも?と思うと納得はいきませんし、ゲームをしていた人が何故か被害者扱いになるのはおかしいとも思います。
いくら気をつけてやれば大丈夫という意識があっても、ゲームの世界に入ってしまうとほんとに周りは見えなくなると思います。
昨日配信されたばかりなのに、私の子供を塾に迎えに行ったときも実際、携帯をいじりながら、ウロウロと足早にあっちこっちしていた人がたくさんいました。
駅のロータリーでしたので、タクシーや送り迎えの車もたくさん走っていました。
見ていて恐ろしい光景でした。
そのゲームをする人はほんとに気をつけて遊んで欲しいと思います。

マスコミの偏った選挙報道への危機感

東京都知事選の各局のニュースを見ていつも疑問に思っているのが、候補者の取り上げ方です。21名もの立候補者がいるにも関わらず、小池氏、増田氏、鳥越氏のまるで3名しかいないかのような報道ぶりに残念に思います。
山積みの課題や、候補者の政策や考えを紹介するときも、3名はインタビューや特集記事・企画で紹介し、その他18名は十把一絡げ。良くてフリップに一覧にして画面で短時間見せるだけか読み上げるだけで終わっています。3名と同じような政策を訴えていたり、あるいはより具体的な数字や政策を出している候補者が居るにも関わらず、全く焦点が当てられません。クリーンなイメージやスキャンダルも3名だけが取り沙汰され、その他の候補者の背景は探られず問題にされない。討論会にも呼ばれず、選挙活動の様子もほとんど報道されていない状況に非常に違和感を覚えます。
そんな偏った報道をしているにも関わらず、各局のアナウンサーやコメンテーターは、しきりに「今までのイメージ重視、知名度重視で候補者を選んでいたから舛添さんのような問題が起こった」と投票者に向けて、問題提起と注意喚起を行っています。
そういった問題を懸念するのであれば、全候補者を討論会の壇上にあげて政策論争をさせたり、放送時間を平等に各候補者の政策や活動報告に割くべきだと思います。
本当に現状を憂いているなら、都民にもっと客観的で同量の情報を提示する努力をしなければならないのに、毎日繰り返し登場するのは3名のみ。マスコミが、イメージや知名度を作り出し、知名度重視の問題を冗長させているとしか思えません。
どんなに厳しいことや、もっともらしい意見を言う評論家が居ても、結局マスコミの偏った枠組みの中でのみ発言しているのであれば、その意見も薄っぺらいモノに聞こえます。
そしておそらく、3名以外の候補者が何か大きなスキャンダルや事件を起こしたり告発があった場合のみ、各局は大きく取り上げ騒ぎ立てるんだと思います。
民局には視聴率が大事なのは分かりますが、表現や報道の自由は視聴率に縛られていて、本当の意味でその自由はなくなっているように思います。そして、どの画面でも同じような構成のニュースが流れ続けると、それが正しい情報だと錯覚し間違った選択をしてしまうような危機感を覚えます。

ポケモンGOが日本でも配信されました

昨日22日、日本国内でもポケモンGOが配信され、日本人もゲームを楽しむことができるようになりました。今日23日になって、街をサイクリングしたり、散歩しましたが、やはり雰囲気が異なっていたように感じます。歩きながらスマホを見ている人が、普段よりもスマホの画面に熱中しているように感じましたし、時折顔を上げて前方を確認するような表情をしていました。それは、自転車を運転しながらスマホを見ている人にも共通して感じました。自転車を運転している人も、スマホの画面に熱中しながら、時折顔を上げて前方を確認しているのです。
ポケモンGOをしている本人は楽しんでいるのでしょうが、私は、おそらくポケモンGOが原因で事故が発生するのは時間の問題だと感じています。事故の発生を未然に防ぐ方法は、ゲームの開発をしている企業が、あらかじめモンスターが現れる場所を制限する措置をとることだと思います。海外では、ポケモンGOをやっていて崖下に転落する人が現れたり、他人の住宅内に侵入してしまい銃殺されてしまった人もいます。ポケモンGO専用のプランまで登場する始末、こんなのが出てきています⇒〔ポケモンGO格安スマホ(1) ポケモンGO格安スマホ(2) ポケモンGO格安スマホ(3)ポケモンGO格安スマホ(4)
私は、モンスターが現れる場所については、学校の敷地内や、公園の範囲内などに限定すべきだと思います。そうすれば、交通事故や不慮の事故が発生することは避けられると思います。
一方、ポケモンGOのフィーバーぶりをはやし立てて、任天堂の株価が急騰を続けています。わずか1週間で、株価が倍増しています。それだけ任天堂の業績が急拡大すると、機関投資家も個人投資家ももくろんだのだと思います。ところが、昨日22日の夕方に任天堂は、ポケモンGOのフィーバーによる売り上げ拡大は、すでに発表済みの今年度の業績見通しに含まれているとニュースリリースで公表したのです。
おそらく、このニュースリリースを受けて、任天堂の株価は来週25日月曜日に大きく下落すると予想されます。そもそも任天堂は、ポケモンGOを開発した会社の株式を30%程度しか保有していないため、ポケモンGOが売れても任天堂はその利益をすべて社内に取り込むことができないのです。そのような事情で、世間のゲームユーザーのフィーバーぶりと、個人投資家のフィーバーぶりには乖離が生じるかもしれません。

これでいいのか「ポケモンGO」

昨日から、ネット配信が可能となった、任天堂が開発したスマートフォン向けゲームアプリの「ポケモンGO」。様々なメディアで話題を呼んでいる。
“歩きスマフォ”を助長しかねないのではないかと、安全面を配慮した利用を呼びかけるのを、なんと遂に政府が呼びかけるという事態になった。

それはというのも、この「ポケモンGO」というゲーム、スマートフォンのカメラレンズで映し出された背景から、ポケモン、ポケットモンスターを
見つけ出せる、というゲームである。最初のポケモンがスマフォを通してではあるが、現実の世界でポケモンを“ゲット”できるという、なんとも便利
なったというか、楽しくなったというか、面白くなったようではある。

しかし、そうした中でも、すぐさま弊害が出てきたことも明らかになった。様々なところで言われていた、歩きスマフォが多く見られるようになった
のはもちろんのこと、文化施設等では、クオリティを考慮して、利用を禁止するところも出てきた。出雲大社では、神聖なる場所でスマフォを持って
歩くことがやはり畏れ多いのか、憚れるのか、アプリの使用を禁じることになった。

それだけならまだいい。日本に先んじて利用可能になった米国では、ポケモンを見つけるために、原子力発電所の敷地内に入ってしまったり、カナダ
ではこともあろうに、米国の国境まで入って“越境”し、一時拘束されてしまったこともあったようだ。

正直に私見を言わせてもらうと、売り上げを伸ばすためなら、このような迷惑な行動を許されるのか?文化のクオリティを落としかねない行動を許す
のか?踏み込んだ私見としては、文化の大切さを顧みない経済活動を積極的に行ってきた日本の企業が「ポケモンGO」を開発しているというところが
興味深くて仕方ないのである。

幸せな時間の裏側で

2005年4月25日。この日はJR福知山線が脱線し、乗客・運転士合わせて107名もの命が奪われた日。

その日、結婚を10日後に控えた私は、社会保険の任意継続手続きをした後、通帳の解約手続きに銀行を訪れていました。

事故を知ったのは銀行での手続きの待ち時間。ふと見上げた銀行のテレビに、原形がどうだったのかさえ分からなくなった列車の先頭部分が映し出されていました。

一体どうなったら列車がこうなるのか。映しだされた惨状が”大惨事”だということは分かっても、人は想像もしていない事が起こると訳の分からないことをするものです。

思わず立ち上がり、混み合っている銀行の中をキョロキョロ見渡した私。とても不審な動きだったのでしょう。銀行のスタッフの方に「ご気分でも悪いのですか」と尋ねられました。

自分は結婚が決まり、新生活に夢をふくらませている幸せな時間。その時間の裏側で、ある人は傷を負い、ある人は夢を絶たれたのです。

その後の報道では、運転士の相次ぐ運転ミスやJR西日本の利益優先の経営体質、乗務員に懲罰的な日勤教育が科されていたことが指摘されました。

他国を旅行すると、日本が時間に対して異常なほど正確であることに気づきます。

公共機関が遅れると「自分の予定が狂ってしまう」と愚痴を言い、「時間通り」ということが当たり前。あまりに普通過ぎて、本当はそれが”特別”で、毎日守るということがいかに大変な神経を使っているのか、ということに気づかなくなっているのです。

あの日、列車は直前の停車駅である伊丹駅を1分30秒遅れで発車したと言います。あのカーブを無事に通過したとしても、結果的に遅れを取り戻せたかどうかは分かりません

その時、乗客はどんな反応をしたでしょう。文句を言わなかったでしょうか。

事故が起こってしまったからこそ「そこまで急がなくても良かった」と言えるだけなのではないでしょうか。

あの事故から11年。

まだ公共機関の遅延で、車掌に罵声を浴びせた、車体を蹴ったなどというニュースは続いています。

そんなニュースを耳にする度に、あの日、停まってしまった多くの命や大切な人を失った遺族は、何を思うだろうかと考えます。

結婚し、子供を2人授かった私は、彼らから「心の余裕と寛容さ」を教えて貰ったように思います。その気持ちは、我が子にも伝えていきたいのです。

今、車窓から見える景色が一瞬にして消えてしまわないように・・・。

電王戦においてプロ棋士敗北(考察)

電脳戦が忘れられません。気になり色々と調べたので意見や感じたことを織り交ぜながら記述します。
ニュースでも流れましたが、山崎8段がポナンザに負けました。この一局は色々なことを示唆するような対局でした(この対戦が、どうして負けたのかどうすれば勝てるのかというヒントを満載していたから)。
印象的だったのが途中で電脳ポナンザが、「王を前に出す」というポカを指してしまったときのことです。
山崎8段はそれを咎めませんでした。後の感想では、「そういう手もあるのか。すごいな」という感想。このことから三ヶ月の練習試合においてコンピューターの繰り出す新手・奇手に対して何百回も苦渋を舐めさせられていたことが想像されます。
もう一つの問題が疲労です。おそらく山崎8段がロボットであればそのポカをポカと見破り勝利していたことでしょう。しかし疲れていたために判断力が低下していたようです。
強さの秘密)
さて興味を惹くのはこの強さです。一体どうして強いのでしょうか?
調べたところその秘密は、「勝利の形」と「深層学習」という方法にあります。
ざっくり説明すると勝利の形とは勝者が作る三点を結んだ駒の三角形(例:歩・飛・角)。深層学習とはポナンザ対ポナンザで対戦を重ねて勝敗を比較検討することで自己学習して強くなる方法です(数年で80億回の対局)。
印象的だったのは一般的な常識(最初は飛車先の歩を進める)を一切そぎ落としてしまう手を平気で打つのです。例えるならば剣道において礼をしたらいきなりメンをくらうような感じです。
この方法を知ったときに深層学習の先には何があるのだろう?と想像しました。
意外や意外に巡り巡って一周するのだろうか。それともパーフェクトな定石が発見されるのではないか(丸暗記したプログラマーが将棋で7冠達成を成し遂げてしまう未来)。
まとめ)
感じているのは電脳戦は数回しか対局が成されていません。本当の戦いはプロがコンピューターはミスをしないという呪縛から逃れたときだと思います(それというのも中後半はコンピューターに有利を判断した棋士が勝利したからです)。
またポカをポカと見破る能力や奇手を繰り出す勇気があれば勝てるような気がしました。

子供と自転車事故

一つ目は免許の更新で講習を受けたときに聞いた話です。
自転車の利用が増える一方で道路整備や交通ルールの徹底といった環境整備が進んでいない日本です。
自転車乗用中の交通事故、特に自転車の対人事故が問題になっています。
実際、日ごろから歩行中や車に乗車中、自転車の明らかに危険な運転がとても目につきます。
特に、横断歩道を歩行中、当たり前のように車道からかなりのスピードで信号無視をして目の前を通りすぎる自転車の男性によく遭遇しますが、子供を連れている母親としては
ただただ腹が立ちます。
ですが、子供が自転車に乗るようになった今、恐ろしいのはいつでも被害者にも加害者にもなれるということです。
2013年、11歳の小学生が夜間に自転車で帰宅途中、60代の女性と正面衝突し、女性は頭蓋骨骨折で意識不明の重体、自転車を運転していた小学生の母親に9500万円の請求が命じられたというのがニュースになりました。
9500万という大金を支払うことはもちろん大変ですが、自分の子供が人の人生を左右してしまったという事実と一生戦っていかなければならないのは本当に大変なことだと思います。

二つ目は、以前、トラックと小学生の自転車との死亡事故の残骸を目にしてしまったことがあります。見た瞬間凍りつきました。
そこは交通量の多い交差点。青信号で道路を横断中の母親と娘だったようですが、母親の自転車の後に娘の自転車がついていくかたちでした。
ここへ2トントラックが左折してきたのですが、大人の自転車には気づいても、小学生の自転車が視界に入らなかったようです。
運転手は小学生の自転車に乗り上げて初めて何かをひいたことに気付いたそうです。
私が目にしたのは、ぺっちゃんこ、平になった女児用の水色の自転車、そして水泳に行く途中だったようでスティッチのバスタオルで隠された血まみれの残骸でした。
その映像が頭に焼き付いて離れません。
そのころ私の子供は2歳でまだ自転車はこげなかったのですが、本当にショッキングな出来事でした。

そんなこともあって私は自分の自転車の運転にかなり慎重になり、子供が自転車に乗るときにもかなり慎重になりました。
自分だけ気を付けていても事故にあうときにはあってしまうのでしょうが、誰もがこんな気持ちで運転してくれることを切に願います。
思えば私も子供のころは手放し運転や無謀なことをやっていました。
自分の子供を持つまでは今のようには考えずに運転してきたと思います。
娘は今9歳ですが、これからずっと言い続けていこうと思います。

9.11同時多発テロと日本企業

昨今、世界中でテロ行為が頻発していますが、近代における最も衝撃的なテロ事件と云われるのが、2001年9月11日に発生した、所謂、アメリカ同時多発テロ事件であろうと思います。丁度、この日、私は仕事でシリコンバレーに滞在していました。午後からミーティングの予定があり、午前中は滞在先のホテルに居たときのことです。TVからニュース速報が流れ、ニューヨークのWTCに飛行機が突っ込む映像が流れました。その数分後に、2機目が衝突する映像がリアルタイムで放映されました。不思議なもので、このような想像もつかない大事故の映像をみた時、多くの人は”映画でも見ているようだ”と云いますが、私も全く同じ意見でした。偶然にもこの2機目は、便こそ違うのですが、2日前に私がボストンからサンフランシスコに到着した、同じユナイテッド航空機でした。その日の午後になって、ミーティングの予定がありましたので、約束のオフィスに行くと、ほぼ全ての従業員が朝から、TVの報道を見ており、仕事にならず我々とのミーティングでも全員、身が入らず低調なものとなった事は云うまでもありません。午後には、アメリカ全土の空港は無期限閉鎖するとの政府方針により、3日後にサンフランシスコから日本に帰国する予定だった私は、ホテルで足止めされる事になりました。結局、予定よりも4日遅れでチケットをゲットできる事になりましたが、ここで、思いもよらない問題が持ち上がりました。この時、私は東海岸から西海岸を回り、日本に帰国するという10日前後の出張でアメリカを訪れていました。同時多発テロの件は、勿論、日本の会社側を知っており、予定通り帰国できない事も承知していました。その頃、サンフランシスコ空港は西海岸と云ってもハブ空港でしたので、チケットを待つ人で連日、ごった返しており、私も滞在先のホテルから毎日のように空港に通っていました。そのような状況で、漸く、チケットを入手し、いざ、翌日には帰国できるという矢先に、日本の会社側から以下のような通知書が回付されてきました。「記 米国への渡航および帰国に際しての注意事項:身の安全がが確保できると判断される場合には個人の意思により実施すべし」と要約するとこのような文書です。呆れて、何も云えませんでしたが、会社側としては、万が一の事を考えると、このような対応しかできなったと思います。不謹慎ですが、十数年が経過した昨今、頻発する世界各国でのテロに遭遇している日本の会社員の方々には、このような状況にはなっていない事をお祈りするばかりです。